川口市民オンブズマン Kawaguchi Citizen Ombudsman


◇当団体について◇

 会の歴史(市民連合)

 会の歴史(オンブズマン)

 活動の基軸・スタンス

 現在の活動状況

 月例会/開催場所/連絡先

 会則

 議事録

 活動支援(寄付)
 オンブズマン・ニュース等

(当会の会員撮影)

HOME

会の歴史

(川口市民オンブズマン)

'96421市民運動の再出発を図る。

市民運動が休眠状態にある中、市民が「市民自治を築く川口市民会議」に集まり運動の再開を検討し、有志が住民監査請求、住民訴訟などを行った。

'9844現埼玉市民オンブズマン・ネットワークの設立準備会に参加。

'98912埼玉市民オンブズマン・ネットワーク結成大会に参加。

'9973川口市政を考える市民の会(以後、会という)を発足。

会員は住民訴訟「川口市県外視察賠償事件」及び「川口市町会相談員手当て賠償事件」の原告らを含む市民たちである。

この住民訴訟「川口市県外視察賠償事件」は高裁で勝訴した。

また、「川口市町会相談員手当賠償事件」は市職員等が自主的に市に返還し実質勝訴した。

'0441日、会の名称を「川口市民オンブズマン」と変更した。

'063月、議員政務調査費に関する公開質問状提出において、市内3団体の連名にて行う。これを契機に、オンブズマン団体か否か、市内外を問わず、他団体との積極的連絡を始める。

 

Copyright © 川口市民オンブズマン All Rights Reserved